2017年11月19日

月間みりさば 2017年11月号 自衛隊音楽まつりに行ってきました

ihagun(いは軍払い下げ品店 http://www.ihagun.net/)の連載用の月一連載ブログです。
お店の新規入荷情報もチェックだ!


先月は台風、で今月は雨が重なるたびに寒くなっていくような困った陽気です。
今月は自衛隊最大の音楽イベント「自衛隊音楽まつり」に行ってきました。


「自衛隊音楽まつりとは、自衛隊記念日行事の一環として、毎年11月頃日本武道館において開催される自衛隊最大の音楽イベントです。
陸・海・空音楽隊によるドリル演奏や自衛太鼓等、通常の音楽演奏とは違った迫力ある演奏をお楽しみ頂けます。」
※陸上自衛隊ホームページより抜粋。

正直なところ言いますと、こういうイベントがあるのは何となく知っていたのですが、自衛隊のマーチングがやるコンサートだよねぇくらいにしか思っておりませんでした。

いや、実際そういうイベントなんですが、今回縁あって見学に行けることになりまして、17時開場、18時開演だから17時半くらいにつけばいいかなーとか思っていたんですが....


会場8割くらい埋まってます!ものすごい人気です。

見学に来ている人は子供から結構なお年の人、男女と様々な人が来ておりまして、現場の雰囲気も陸自のイベントという感じではありません。


普通のコンサートと違って下のフロアを全面使用します。

マーチングだからこうなるんですね。

席は向かって左のほうで、正面から見られなかったのは残念ですが、それでも非常に見やすい場所に座ることができました。

とまぁこんな感じで始まったのですが...

わかりやすい曲を混ぜて非常に楽しく見ることのできたコンサートでした。
エヴァンゲリオンでは紫の箱を演出に使ったりと「わかってるなー」ってのがまた楽しい。

メジャーな曲を聞いてなるほどなぁと思ったのですが、吹奏楽でよくある曲ってもともとそれを普通に聞いているのでこの迫力というのはなかなかわかりません。
でも、普段聞いてる曲を聴くと「うわー!吹奏楽ってこんなに迫力があったんだぁ!」
といった感じで吹奏楽の底力を体験することができます。


フロアの部分も全面使っての演目は普段はなかなか体験できません。
道路なんかだとこんなに展開しないですからね。
室内なので迫力も抜群で、時代まつり等で聞く屋外のマーチングの「本当の実力」を体験することができました。


クライマックスはこの太鼓
これも、ああ和太鼓かぁとか思ったら大間違いで太鼓がこれだけ集まると体験できる音のレベルが違います。

音の塊がぶつかってくる和太鼓の演奏は生ならでは!というか、この日のイベントも生ならでは!

ライフルドリルといった自衛隊ならではのものからタイや米軍の音楽隊の応援も楽しく、
最後に世界に一つだけの花があって終了!

会場は拍手につつまれて終了し、終わった後もありがとうの声をかける人や警備の人と写真を撮ったりする人もいて非常にいいイベントでした。

自衛隊のイベントは屋外で行われることが多いので、どうしてもアウトドアなものになってしまいますが、このイベントは日本武道館開催なので、女性や子供でも気軽に参加できるイベントでした。
っていうか、正直期待より全然素晴らしくて舐めてましたごめんなさいレベルで楽しいイベントでした。

デートコースにしてもいいくらいですのでもし、機会がありましたら是非!









Posted by さめ ひろし at 21:52│Comments(1)
この記事へのコメント
久々にのぞいてみたら奇しくも父の行ったイベントが。
父の懇意にしている元防衛省背広組の方の招待で海幕関係席だった模様。
寡黙な父が興奮気味に話す様子からかなり素晴しいイベントであったと推測しておりましたが正にその通りだったのですね。
Posted by いかさと at 2017年12月02日 17:43
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。